大切な別れもオンラインで

オンライン葬儀に関する情報サイト

葬儀社を選ぶなら大手が安心?

葬儀社を選ぶなら大手が安心? 両親や兄弟姉妹、配偶者などの家族が亡くなると、お通夜や告別式の手配をしなければなりません。
大手の葬儀社は24時間365日対応になっているため、夜間や早朝、深夜などに亡くなった時も迅速で丁寧な応対を心掛けています。
広い駐車場が完備されていたり、室内はバリアフリーの設備を導入しているので、高齢者や体の不自由な人も安心して参列できるのが特徴です。
大手の葬儀社は豊富な葬儀のプランがあるので、予算に応じたプランを選ぶことが出来ます。
現代は感染症が流行しているので、家族葬や一日葬を希望しているご家庭が多いです。
家族葬や一日葬は祭壇を設置してくれるので、時間を掛けて故人を弔うことが出来ます。
信頼できる葬儀社を選んでおくと平均的な相場の費用になっているため、安心して申し込みが出来ます。
電話や店頭での応対が丁寧な葬儀社を選んでおくと、親身になって葬儀のプランを提案してくれるのが特徴です。
事前に大体の予算を決めておくと、追加料金は発生しません。

葬儀社への心付けの内容と渡し方、金額の相場

葬儀社への心付けの内容と渡し方、金額の相場 葬儀社に葬儀を依頼した場合、様々な場面で心付けが発生します。
まず運転手です。
寝台車では、安置場所や式場に到着したときに渡し、相場は2,000円から5,000円です。
マイクロバスでは相場が2,000円から3,000円で式場に帰ってきたときに渡し、ハイヤーの場合は降車するときに渡し、こちらも相場は2,000円から3,000円となっています。
霊柩車は3,000円から5,000円と若干高めで、葬議場に到着したときに渡します。
そして、火葬場のスタッフにも渡す必要があります。
火葬場の係員には棺を火葬炉に入れるまでに渡し、相場は3,000円から5,000円です。
休憩室係員は2,000円から3,000円で火葬の終了までに渡し、料理配膳人も2,000円から3,000円で食事が終わったときに渡します。
もちろん、心付けは故人を丁寧に扱ってくれたお礼として渡すものですので、葬儀社といえども事務的ではなく、心を込めて渡す必要があります。

ペットの葬儀社で働いてたって人が「あんなとこは本当は誰もペットのことなんて考えてない。どうすればお金をむしり取れるかだけ。」的な事を呟いてた。 …そうかな〜🥺 そりゃあ会社や人によるでしょう。当然。 成長著しい分野だし、お金にしか見えない→

-->